Sa design office
 

 
 

 
 

 過去3回にわたり段階的に個室化、共用部の充実を図ってきた特別養護老人ホームの改修である。今回は多床室(4人部屋、2人部屋)を簡易間仕切りにより準個室化することで入居者の居住環境の改善を図っている。